タグ:熊谷地理研究所 ( 13 ) タグの人気記事


熊谷地理研究会の取り組みが新聞広告になりました

熊谷地理研究会の取り組みが、立正大学の広告として新聞、中吊り広告になりました。
詳しくは、熊谷地理研究会のホームページをご覧ください。

また、立正大学のホームページにも、乙武さんとの対談の様子が掲載されています。あわせてご覧ください。
[PR]

by rissho_geo_takagi | 2011-01-20 17:42 | いわき市川前町

こんなところに活動紹介が…

何気なくwebサーフィン(死語か?)をしていましたら、こんなサイトで熊谷地理研の活動が紹介されていました。
「大学プレスセンター」


大学広報があげてくれたのだと思いますが、ありがたいことです。感謝!
[PR]

by rissho_geo_takagi | 2011-01-03 22:49 | 地域活性化

県民討論会

f0125708_1622031.jpg

熊谷地理研究会が残念参加しています。昨年からの取り組みを活かしたコメントをリーダーが発表しています。
◆◇たかぎあきら・携帯◆◇
追記2010年11月20日
県民討論会に参加してきました。リーダーは福島県知事から声をかけてもらっていました(顔をおぼえてもらえたようです)。
討論会の中身は、集落取り組みについての課題が見えてきて、参考になりました。また昨年度ではあまり出てこなかった、「事業の継続性」について、集落と学生双方の問題が出てきたのが印象的でした。
福島県の事業としても来年度が3年目、区切りの年となります。また、2年目として継続事業をおこなっている大学(熊谷地理研究会もこれにあたります)は、今年度が最終年となります。
集落・学生ともに「後継者」「費用負担」で悩んでいる実状が出てきました。

そんな中、福島大学院生やリーダーの発言が一つのカギになるのかと感じました。大学生の枠にとらわれず、地域主体で幅広く人々を受け入れる受け皿づくりがそれです。
ただ、ある程度地域に力が残っていないと厳しいのです。しかし、そうした受け皿を地域が作ることで交流が生まれ、いろいろなアイデアが集積していくという福島大学のKさんの意見は非常に参考になりました。

また、「大学生の後継者問題」は、このような事業で活動している学生たちが、相互のフィールドに行くことで、学生の後継者不足を補うことが可能ではないか、とも考えています。費用負担、考え方・方針など越えなくてはいけない問題があります。しかし、学生間の交流がまた地域にフィードバックすることが可能かとも思います。

参加するたびに、多くの刺激を与えてくれる討論会でした。
2回目は、22日(月曜日)会津若松で開催されます。
お近くの方、お時間あります方はぜひ参加されてはいかがでしょうか。
熊谷地理研究会のメンバーも第1回目に引き続き参加します。
[PR]

by rissho_geo_takagi | 2010-11-19 16:02

8月6日から川前・高部へいきます

今年の夏も高部へ行きます。
今年の課題は、大きく二つあります。一つは、これまでの取り組みの検証と集落再生計画の策定です。もう一つは、昨年度の事業を受けた実証事業です。盆踊り復活に挑戦します。

1年生が入り、パワーアップした熊谷地理研究会(研究所改め)の活動をご支援ください。
[PR]

by rissho_geo_takagi | 2010-07-30 15:35 | いわき市川前町

田植えの様子がFCTのニュースで放映されました

22日の田植えの様子が福島中央テレビ(FCT)の夕方のニュース「ゴジてれChu!」で放映されました。
放映日は2010年5月26日です(←バックナンバーで5月26日を見てください。ニュースのコーナーに記載があります)。
前回とは違い、残念ながら動画はありません。
なかなか良い感じでまとめられていました。より学生が積極的に取り組んでいる感じで、良かったです。
皆様に感謝です。
[PR]

by rissho_geo_takagi | 2010-05-29 16:18 | いわき市川前町

田植えに行ってきました3

続きです。

初めて新緑の季節に来ましたが、とてもきれいでした。f0125708_2144390.jpg山桜がまだ残っていました。

このあとは、地区の皆さんのご厚意に甘え、お風呂を貸して頂きました。お風呂から見える景色も絶景でした。


翌日は、川前小中学校・6地区合同の運動会に参加してきました。
研究所所員たちが大活躍?でした。f0125708_2175153.jpg
児童生徒数は20名弱という小さな学校の運動会でしたが、川前地区の皆さんが参加していて、とても楽しい運動会でした。「また来年も来てね!」と声をかけられました。


田植えの様子が、地元紙「いわき民報」に載りました(5月25日)。リンクを貼っておきます。「立ち読み」から5月25日付けを選んでも読むことができます。

記事の内容はこちらから
[PR]

by rissho_geo_takagi | 2010-05-25 21:15 | いわき市川前町

田植えに行ってきました2

つづきです。

田植えがはじまりました! ちなみに、今回の品種は「あきたこまち」です。これをブランド米「高部姫」として育てます!上手くいけば、立正大学の学園祭(星霜祭)で試食販売できるかも?!こうご期待です。
f0125708_20444510.jpg
名人を先頭に、所長、地区の皆さんと続きます。名人はさすが、早くてきれいに植えていきます。

f0125708_20462030.jpg
いかがですか?この違い。名人と所長。所長も負けじとがんばっておりました。

f0125708_20474024.jpg
こんな感じで、総出で田植えです。かつては、こうした作業を住民総出で数日かけておこなっていたとのこと。重労働だったのですね。田んぼの泥に足を取られるため、非常にバランスをとるのが難しかったです。また、前屈みの状態で苗を植えるので、太ももの裏がパンパンになりました。
田植え歌がよく歌われたようですが、「歌でも歌わないと…」という気分でした。理にかなっていたということを実感しました。



続きはこちらへ
[PR]

by rissho_geo_takagi | 2010-05-25 21:02 | いわき市川前町

田植えに行ってきました

22日、いわき市川前町高部集落にて、熊谷地理研究所と地区の皆さんとで田植えをしました。

予定では、集落の田植えがすべて終わったあとに、我々の田植えをおこなう予定でした。ところが今年は寒かったため、集落の田植えがまだ終わっていませんでした。そんな忙しい中、地区の皆さん指導の下、田植え体験と相成りました。

f0125708_20302485.jpg
田植え前のひとときです。所長のHくんの「姉さんかぶり」を手伝う集落の「お姉様」たちです。


f0125708_20321974.jpg
我々が田植えをおこなう田んぼです。
7町歩(そんなに広大ではありません!)7畝ほどだそうです。最初の印象は「広い!」でした。予定では。昼前に終了ですが、果たして…


f0125708_20343234.jpg
田植え前の準備です。かなりの苗の数です…

続きはこちらへ
[PR]

by rissho_geo_takagi | 2010-05-25 20:41 | いわき市川前町

22日は田植えです!

来週の週末は、高部集落で田植えです!

熊谷朝5時出発、10時前から高部で田植え…

いよいよですね。

学生の力作「高部新聞」も無事に出来上がりましたし、盛り上がってきました!
高部新聞の公開はもう少しお待ちください。
[PR]

by rissho_geo_takagi | 2010-05-15 20:34 | いわき市川前町

この数ヶ月の出来事

先月の上旬に熊谷地理研究所の学生さんたちと、またまたいわき市川前町高部集落へ行ってきました。
2回目のひまわり会議を開催するためでした。
昨年夏の調査と11月の会津若松での中間報告会での成果をあわせ、今年度の事業へとつなげるための発表&ワークショップでした。
「勝手知ったる高部」ということで、リラックスムードでワークショップがすすみます。そんななか、なんと、5月の田植え体験が決定しました!
驚きました。田植えの準備は高部の方たちがやってくれるとのこと。我々は、田植えに行くだけ?!
今年度も面白くなりそうです。

高部との交流に参加したい学生さんは、声をかけてくださいね。
相手の話を聞け、コミュニケーションがきちんと取れる学生さんならば問題ありません!

追伸、熊谷地理研究所が地元熊谷でも「いいところマップ」を作りました。その様子は、!彼らのホームページをご覧ください。また、その活動が埼玉新聞でも紹介されました。→こちらです
彼らは活動の場をどんどん広げています。そのバイタリティーは大変なものです!
興味を持った学生さんは、彼らに声をかけて下さいね。新メンバーも募集中のようですので…
[PR]

by rissho_geo_takagi | 2010-04-02 23:54 | いわき市川前町
line

春はそこまで来ています。でもまだ寒いです。


by rissho_geo_takagi
line