<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


いのちの授業

講義中に触れた「いのちの授業〜がんと闘った大瀬校長の六年間」ですが,講義が終わったあと一気に読んでしまいました.
電車の中でこみ上げてくるものを押さえるのが大変でした.
「授業は上手い下手ではない,誠実が一番」との言葉が印象的でした.

教員を目指している人はもちろんのこと,そうじゃない人も一読を勧める本です
いのちの授業―がんと闘った大瀬校長の六年間 (新潮文庫 か 46-1)
神奈川新聞報道部 / / 新潮社
ISBN : 4101325715
スコア選択: ※※※※※
[PR]

by rissho_geo_takagi | 2007-10-24 01:27 | その他

下北半島アンケート

<地域文化論>
先週,下北半島アンケートにご協力いただきありがとうございました.
以下,高崎経済大学のブログに掲載したものと同じものをこちらにも載せておきます.
====================================
写真の感想が面白かったです.来週でも解説しようと思いますが,ここでも少し.
写真Aは「仏ヶ浦(ほとけがうら)」です.浸食されてできた地形で,景勝地として有名です.自殺の名所ではありません.仏ヶ浦海上観光

写真Bは「大間のマグロ」です.大間町は下北半島の北部に位置する町です.2000年のNHK連続テレビ小説「私の青空」の舞台となった所です.本州最北端「大間崎」もあります.
私の青空・総集編 上・下(2枚組)BOX
私の青空・総集編 上・下(2枚組)BOX
/ コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B00006JJ9K
スコア選択:


写真Cは釜臥山(かまぶせやま)展望台からの夜景(アゲハチョウの形)」「です.釜臥山は標高879mで下北半島で一番高い山です.自衛隊のレーダーサイトもあります.昼間は陸奥湾・むつ市内が一望でき,天気のいい日には八甲田山あたりまで見渡せることができます.夜は写真のようなむつ市内の夜景がきれいに見ることができます.山腹には釜臥山スキー場もあり,海に向かって滑り降りるようなコースとなっています.
写真Dは「寒立馬(かんだちめ)」と呼ばれる馬です.下北半島にあるもう一つの岬,「尻屋崎(しりやざき)」周辺の放牧地で放牧されている肉用馬です.県の天然記念物に指定されています.その歴史は古く,藩政期〜明治・大正と軍用馬育成を目的に交配がなされ,写真のようなずんぐりむっくりの馬となりました(決してメタボでもマンモスでもロバでもありません).現在は肉用として飼育されている一方,観光資源としても注目されています.

意外と知られていない下北半島,私もとある仕事で行くまでは,よく分からない土地でした.でも,一度行ってみると興味を引かれることがたくさん出てきました.そんな下北半島の魅力を引き出すイベントも開催されています.
下北かるたプロジェクト
ご当地かるたである「下北かるた」を使って,下北半島の魅力を探る企画です.
少し遠いですが,興味のある方はぜひ!
====================================
明日(16日)の講義でも触れたいと思います.でも講義では写真をお見せできないのが残念です.
[PR]

by rissho_geo_takagi | 2007-10-15 19:16

生活の地理学

次回(10月16日)の生活の地理学では「色鉛筆」を使います.持ってきてくださいね!
[PR]

by rissho_geo_takagi | 2007-10-14 20:56

地域文化論〜参考文献

辺見庸「ものを食う人々」
もの食う人びと (角川文庫)
辺見 庸 / / 角川書店
ISBN : 4043417012
スコア選択: ※※※※※

食べることという人間の根源を、世界各地のルポを通じて問いかけている本です。90年代の世界状況も垣間見ることができます。

石毛直道「食の文化地理」

食の文化地理―舌のフィールドワーク (朝日選書 (519))
石毛 直道 / / 朝日新聞社
ISBN : 4022596198
スコア選択:
[PR]

by rissho_geo_takagi | 2007-10-11 19:56
line

春はそこまで来ています。でもまだ寒いです。


by rissho_geo_takagi
line