カテゴリ:学会( 2 )


地域調査士認定講習会のご案内

今年から、地理学の新たな資格がはじまります。その名も

「地域調査士」と「専門地域調査士」

地理学を学んだ人ならば、比較的容易に取得できる資格です。
地域調査士の資格取得には、地理系学部を卒業していることと、講習会の受講が必須となります。
専門地域調査士は、大学院修了(同等)などいくつかの条件がつきます。

学部生でも、一定の単位を取得していれば、受講が可能です。資格としては卒業が条件となりますが、就職活動などでの利便性を考慮して、講習会を受講していれば「地域調査士取得見込み証明書」の発行を受けることが可能です。
詳しくは、日本地理学会のホームページにあるpdfファイルをご覧ください。

また、資格認定に必要な講習会が5月2日(日)に日本大学文理学部で開催されます。
申込用紙等は日本地理学会のホームページにありますので、ご覧ください。
時間は午前中(9:00〜)が地域調査士向け、午後(14:00〜)が専門地域調査士むけです。ただし、専門地域調査士は認定には午前中の講座の受講が必須です。
料金はそれぞれ10,500円。専門地域調査士の場合は21,000円必要となります。

<問い合わせ先>
〒113-0032 東京都文京区弥生 2 - 4 - 16 学会センタービル内
社団法人日本地理学会(事務局)
E-mail: office@ajg.or.jp
PHONE 03-3815-1912 FAX 03-3815-1672
http://www.ajg.or.jp/

興味ある方は、上記連絡先へ直接問い合わせて下さい(身近な先生ではわからないこともありますので…)。
私も専門地域調査士認定講習に申し込みました。
[PR]

by rissho_geo_takagi | 2010-04-12 11:23 | 学会

立正地理学会秋季例会が小諸市で開催されます

立正地理学会秋季例会が小諸市で開催されます。
NPO法人小諸町並み研究会が協力します。

地理学会会員に送付される「学会ニュース」に案内が出ていますので、ご確認下さい。
ただ、ニュースに掲載されている案内図に間違いがありますので、こちらで確認して下さい。
正しい、ほんまち町屋館の場所

申し込みが必要です。詳細は立正地理学会へお問い合わせ下さい。

立正地理学会ニュースより
==============================
次の日程で第32回立正地理学会秋季例会(小諸)ならびに
第104回臨地研究会を、NPO法人小諸町並み研究会の皆さんの協力を得て
開催します。多数の会員のご参加を期待します。

   《秋季例会・講演会》
1.日 時:2008年11月 8日(土)10:00〜12:00
2.場 所:北国街道ほんまち町屋館(小諸市)
 (http://www.machiyakan.com/)
 〒384-0026 長野県小諸市本町2-2-9 電話 : 0267-25-2770
 〔例会・講演会場への交通〕
  ・ 鉄道利用の場合:しなの鉄道又はJR小海線、小諸駅下車、徒歩5分
  ・ 自家用車利用の場合:上信越道小諸ICもしくは佐久ICより約10分
  ★車でお越しの方は、小諸市役所南側の南庭駐車場を
   ご利用ください(無料)。
案内図
3.内容
(1)講演会 
・掛川俊雄(NPO法人小諸町並み研究会 副理事長)
       小諸の町並み保存について
(2)研究発表
伊藤徹哉(立正大)
 ドイツ・ポーランドにおける街並み保全を通じた地域活性化
助重雄久(富山国際大)
 中部山岳・飛越地域向けパックツアーにみる
 伝統的街並み訪問の動向
・原 啓介(立正大・非)
 近江八幡市におけるまちづくりと住民対応(第2報)

   《臨地研究会》
1.日 時:2008年11月 8日(土) 13:00〜15:15 
  北国街道ほんまち町屋館に,各自、昼食を済ませてご集合ください。
2.案内者:高木 亨会員(立正大学非常勤講師)
3.テーマ:旧北国街道の町並み保存と地域活性化
4.コース:旧北国街道および小諸市市街地
  (町屋館→馬場裏→大手門→市町→荒町→与良館)
5.参加費:1,000円(予定)
6.募集定員:25名 
事前申込が必要です。また、定員に達し次第締め切らせていただきます。
〔臨地研究会の申し込み等〕
 参加を希望する会員は、ハガキもしくは電子メールで氏名・所属を明記し、
 立正地理学会集会委員会宛てに、ご連絡ください。
 締切日は11月1日(土)とします。
[PR]

by rissho_geo_takagi | 2008-10-31 19:58 | 学会
line

春はそこまで来ています。でもまだ寒いです。


by rissho_geo_takagi
line