いわき市川前町活性化調査(8月16日追記)

福島県の事業「大学生の力を活用した集落活性化調査委託事業」でいわき市川前町高部集落へ「熊谷地理研究所」の皆さんと行ってきました。
高部集落は高齢化率50%を超える高齢化集落です。この地域の活性化方策を担って、地区へと入っていきました。
到着して早々、 福島県の広報番組「おしえてうつくしま!」の取材を受ける代表のHくん(なかなか立派に受け答えをしていました)。
f0125708_1981867.jpg

取材は初日と3日目に受けました。取材クルーの皆様ありがとうございました!放送は福島中央テレビで8月23日11:00〜です。ご覧になれる方はぜひ!
f0125708_1984043.jpg

地区内唯一の国の天然記念物「沢尻の大ケヤキ」です。正確にはサワラの木なのですが、とても大きな木です。写真は晴れていますが、このあと大粒の雨が降ってきて…そのあとは思わぬハプニングが!
f0125708_199092.jpg

区長さんのお宅でのヒアリング風景です。テレビ取材が入るとこんな絵になります。なかなか普通の調査ではあり得ない絵ですね。あらかじめ決めてきたヒアリング項目を確認しながら応えていただきました。今回は区長さんのお力と住民の皆様の協力と市の担当者Yさんの働きかけにより集落全戸から聞き取ることができました。これも普通の調査ではあり得ないことです。何から何まであり得ないことだらけの調査でした。
f0125708_1992465.jpg

作戦会議中の様子です。高部集落の集会場が調査基地になりました。地元の方に接待いただきました。ありがたいことです。
f0125708_1993795.jpg

このあたりの「郷土料理?」のシミモチ(凍み餅)です。調査先でごちそうになりました。かつては多くの家庭で作られていたようですが、つくり方が難しいためにその技術がなかなか伝わっていないようです。農協婦人部などでもつくられています。つくるのは難しいのですが、食べるのは簡単です。餅を水で戻したあと、砂糖醤油で味付けして「パクリ!」ごちそうさまでした。
f0125708_199592.jpg
f0125708_19101284.jpg
f0125708_19102664.jpg

交流会の様子です。住民の方々と学生とでワークショップを行いました。「高部いいところマップ」を皆さんでつくっているところです。最初は緊張気味でしたが、いろいろな意見が出てくる出てくる。住民の皆さんの熱気もすごかったです。
f0125708_19104044.jpg
f0125708_1911217.jpg

ワークショップ終了後、発表しているところです。二班に分かれて作業をしたのですが、それぞれ個性的な地図が出来上がりました。
f0125708_19111898.jpg

その発表を熱心に聞いている住民の方々です。本当に熱心でした。
f0125708_19113640.jpg

交流開催後交流会最後の挨拶シーンです。何故か泪が止まりませんでした。市の担当者Yさんの「なんもいえねぇ!」が印象的でした。近いうちの再開再会を約束してお開きとなりました。
f0125708_1911518.jpg

翌日、区長さんと市の担当者Yさんとの記念写真です。本当にお世話になりました。
※本当は学生6名で調査していました。やんごとなき理由で一人戻ってしまったため5人での記念写真です。Tくん意見をくみ入れながら、みんなが協力してやってくれました。

さて、本事業はこれでおしまいではなく、このあと11月に中間発表会、その後報告書作成と続きます。さらに今回つくったマップを地元で活用してもらえるように、もう一工夫が必要かなぁと思っています。
それにしても、我々を温かく迎えてくれた高部集落の皆様、市のYさん、福島県Jさんはじめいろいろな方にお世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

それにしても、「学生の力」は素晴らしいものがありました。担当者Yさんから学生が言われた言葉だそうですが「私が2年かかってやったことを、君らは3日でやってしまった」。まさにその通りだと思います。今回の熊谷地理研究所の皆さんの持っている力が十二分に発揮できたからだと思います。真摯に地域と向き合い、住民の方達と向き合い、悩み考えた成果です。いい経験ができたのではないかと思います。君たちにも感謝感謝です。
まだ、発表と報告書作成が残っていますので、気を抜かずにやっていきましょう!≈
[PR]

by rissho_geo_takagi | 2009-08-15 19:56
line

春はそこまで来ています。でもまだ寒いです。


by rissho_geo_takagi
line